2020年超おすすめ物件!

ダウンタウン(レッドリバーカレッジやハートランド)ヘルスサイエンスセンター(大病院)が近く、特にウィニペグ大学がすぐ近くで便利なWestend(住所:434 Sherbrook street)のコンドミニアム2部屋を日本人オーナーが先行的に日本人に対して売り出しをしています。

1953年築、2012年から2015年にかけてコンド全体のリノベーション済み。2部屋とも1LDKの約500スクエアフィート(約46.5平米)

駐車場は現在満車で、道路に停めることになります。(市役所からStreet Parkingのライセンス月25ドルを買う必要あり)

バス停、Sherbook pool、Safeway(スーパー)が近いです。繰り返しとなりますが、

セントラルヒーター代、水道代込。

世帯にもよりますが、Hydro(電気代)は月に20~30ドルくらいでしょうか。

ビル内にランドリールームがあって、オンラインでチャージできるスマートカードを使って一回当たりの洗濯&乾燥費を支払うことができます。

オーナーになることで自分で住むことができるのはもちろんですが、もう一部屋買うことで人に貸し、もしくは二部屋貸して家賃収入を得ることの収益シミュレーションでウィニペグでの生活がだいぶ楽になることでしょう。

共益費(管理費)は一部屋214.69ドルともう一部屋で224.10ドルが別途かかったり、保険が両部屋で年515.74ドル、Taxが両方で2043.8と維持費がかかりますが、賃貸と違って今後、資産にすることができます。

ウィニペグ大学に通う方は特に買ってしまった方が借りるより家賃が節約できることでしょう。(ウィニペグに離れる時に売ってしまえば、買った時より高く売れる可能性もある)

ウィニペグは約70数万人が住む都市で、岡山県や熊本県と同じ人口です。岡山や熊本の中心部で中古マンションを買うといくらかかるでしょうか?築年数や立地条件によって大きく変わってきますが、1000万円以上はすることでしょう。(ウィニペグは地震がないため、中古物件でもイタミが少なく、物件の価値が下がることは少ないです)

今回、オーナー家族がカナダを離れるにあたって、ウィニペグのこの物件を手放すことに決めました。できれば日本人の方でカナダ移民を目指している方や、ウィニペグで不動産投資をしてみたい日本人の方に優先してオファーしたいとのことで、ようやく一部屋100,000ドル(2020年1月4日現在8,321,611円)を切る価格でご提供できることになりました。

3階の『32』の部屋は96,000ドル(7,988,746円2020年1月4日現在)

2階の『22』の部屋は95,000ドル(7,905,530円2020年1月4日現在)

部屋を内覧をしたい場合は私が直接ご案内します(要予約)。

早い者勝ちですので、もしご興味がありましたら、以下のフォームよりすぐご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする